読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまく瞑想できない方へ深い瞑想状態への入り方をできる限りわかりやすく具体的解説!

スポンサーリンク

僕のところに質問や相談に来てくれる方の中で一番多い内容が「瞑想状態に入れない」という悩みです。

瞑想初心者のほぼ全員が直面する悩みですよね。僕自身、瞑想を始めたから半年くらいはこの悩みを持っていたので気持ちはものすごくわかります。

深い瞑想

毎日続けてはいるけど、瞑想状態に入れているのかわからない。瞑想状態がどんなものかすらいまいちわからない。

こういう人のためにできるだけわかりやすく具体的に解説していきますね。

瞑想状態とは?

まず、瞑想状態が普段の状態とは全く別物だと考えている人が多いのですが、この誤解を解いておきたい。

というのも、瞑想状態という言葉は非常に幅広いのです。たとえば、多くの人がイメージしている瞑想状態は非常に深い瞑想状態のことです。

・白い光が見える

・心と体の判別がつかなくなる

・ものすごい快楽と幸福感に包まれる

・別の景色がくっきりと見える

・夢なのか現実なのかわからない感覚に陥る

・なんとなく自分が揺れている気がする

・神様か誰かの話し声が聞こえる

ここまでは僕自身経験済みのかなり深い瞑想状態に入れている時の現象です。ものすごく心地よく不思議だけれど、幸福感には包まれています。

ただこれらの現象はかなり深い瞑想ができている時なので、瞑想初心者の方がここまでの瞑想をすることはなかなか難しいのです。

白い光

もちろん最初から瞑想状態にスッと入れる人もたまにおられるので、そういう人は最初からこういう現象を経験する場合もあります。

 ただほとんどの瞑想初心者は最初からこんな経験はできません。瞑想を習慣化することである日ふとこういう現象を感じることができるようになってきます。

それでは、瞑想初心者の間は瞑想状態に入れないのかと言われれば、それは違います。軽い瞑想状態なら瞑想初心者でも入れている人が多いです。

・眠っているのか起きているのかわからないような感覚

・何も考えていない時間帯がある

・今考え事をしてしまったと気付く

この3つくらいの現象ならほとんどの瞑想初心者が経験できていると思います。何も考えていない時間帯があればそれは軽い瞑想状態に入れているということで間違いありません。

そして、「今考え事をしてしまったと気付く」ということはそれ以外の時間帯は「何も考えないこと」ができていたということ。 

これでも十分に瞑想ができているのです。あまり深く考え込まず自分のペースで瞑想ができるようになっていきましょう。

瞑想状態への入り方

 それでは本題の瞑想状態へ入るコツを具体的に話していきますね。

軽く疲れておく

 個人的には朝起きた時などよりも軽い運動をして軽く疲れた寝る前などが一番瞑想状態に入りやすいです。

おそらく、脳が休みたがっているという理由から瞑想状態に入りたがっているのだと思います。

瞑想のための時間がとれるなら軽い運動をした後に瞑想を行ってみてください。疲れていない時と比べて瞑想状態に入りやすいのではないかと思います。

あくまでも少しだけ疲れた状態というのがポイントです。疲れすぎると寝てしまったり、瞑想へのやる気が起こりませんので。

 鼻呼吸がしやすい状態を作る

 多くの瞑想が鼻呼吸で行います。鼻が詰まっていると鼻呼吸ができず、口呼吸になってしまいます。口呼吸でも瞑想状態に入れないわけではないのですが、やはり口呼吸では集中が途切れやすい傾向にあります。

僕は季節によっては花粉症なのですが、花粉症で鼻が詰まっているとまるで瞑想に集中ができません。

花粉症の薬を飲んで鼻の通りを良くしてから瞑想をすると瞑想がしやすくなります。呼吸は瞑想の命ですからね。

自分が意識を集中しやすいポイントを知る

 人によって意識を集中させやすいポイントは違います。多くの人は呼吸に集中して呼吸の秒数を数えるという集中法をとっていますが、これを音楽に集中するようにしたら一気に瞑想しやすくなったという人もいます。

ちなみに、瞑想時におすすめの音楽(ソルフェジオ周波数)はこちらの記事で紹介しています。

raise-a-fortune.hatenablog.com

 また、マインドフルネス瞑想では五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)に集中します。

このやり方が一番瞑想状態に入りやすいという人もいます。マインドフルネス瞑想のやり方はこちらの記事で紹介しています。

raise-a-fortune.hatenablog.com

このように自分が意識を集中させやすいポイントをみつけると瞑想状態に入りやすくなるので、いろいろ試して自分に合った集中法を見つけてほしいと思います。

 まぶたの裏側を見るイメージ

 これは僕が瞑想初心者の頃、なかなか深い瞑想状態に入れず苦労していた時に編み出した方法なのですが、目を閉じながらもまぶたの裏側を見るようにするのです。

するとただ目を閉じているだけよりも少し違った感覚を味わえるのがわかると思います。僕の場合、この状態で瞑想をすると瞑想状態に入りやすくなるんです。

これもお勧めしたい瞑想法ですね。

 重心をやや後ろにする

 あぐらで瞑想をする人が多いと思います。その際、重心を少し後ろ側に持ってきて、尾てい骨に重心を置いてみてください。

お尻というよりは尾てい骨で座る感覚です。

すると自然と姿勢がよくなります。姿勢をキープするための腰の力も最小限で済みます。

姿勢がよくなると自然とたくさんの酸素を吸うことができ、脳へ酸素がたくさんいきわたります。

楽にいい姿勢がキープできて呼吸もしやすくなるので瞑想状態に入りやすくなります。これは万人に共通するコツだと思います。

瞑想オンラインセミナー

 最後に瞑想オンラインセミナーを紹介しておきます。僕が深い瞑想状態への入り方を知ることができたセミナーです。

・瞑想を毎日続けているのに、いまいち瞑想状態に入れない

・瞑想状態というものがよくわからないから瞑想できているのかすらわからない

・とにかく瞑想状態の快感を早く知りたい

こんな人にはもってこいのセミナーです。

 多くの教材やサロンなどを受講してきましたが、他を圧倒する本物のセミナーです。 

自分を変え人生を改変する瞑想オンラインセミナー

瞑想状態に入れずに悶々としている方には自信を持ってお勧めできますね。

正直、成功に関することを謳っておられますが、この瞑想を行えば人生が成功するとは思わないでください。そこまで単純ではありません。

途中やや胡散臭いところもありますが(笑)、効果は本物でした。

何より、多くの方が陥る瞑想状態に入れないという悩みを解決できるという点では最高のセミナーです。

僕自身、このセミナーをきっかけに充実した瞑想ライフを送れるようになったので、気になる方は見ておくことをおすすめします。