初心者におすすめの最も簡単な瞑想のやり方を伝授

スポンサーリンク

瞑想に興味があるけれど、何をどうしたらいいのかわからない。何度かやってみたけれど、うまくできない。

そんな瞑想初心者におすすめしたい最も簡単な瞑想のやり方を伝授しようと思います。

目次

瞑想とは?

瞑想とは簡単に言うと肉体は眠っているが、意識は覚醒している状態のことです。これを変性意識状態と呼ぶのですが、決して胡散臭いものでもなければ、偉人にしかできないことでもありません。

誰にでも瞑想はできる上に瞑想をうまくできるようになっていくと人生に幸運やいいことがどんどん訪れるようになります。

f:id:muscletrainingmanial:20160629005127p:plain

もっと具体的に説明すると、目を閉じて(開けていてもいい)、呼吸だけに意識を集中させます。他のことは一切考えません。

こうすることによって脳から「考える」という行動を停止させます。人間の脳はボーっとしている時でも常に意識的であろうと無意識であろうと何かを考えています。

この脳の活動を停止させるイメージです。

f:id:muscletrainingmanial:20160629005630j:plain

心配や不安などの感情が一切なく、嬉しさや喜びの感情も一切ありません。すべての感情から解放されます。

この瞑想状態に毎日入ることによって、今まで感じたことのないような幸福感に包まれたり、ストレスが解消されたり、集中力が研ぎ澄まされるようになったりするわけです。

瞑想にはどんな効果、メリットがある?

瞑想による効果、メリット

一般的に言われている瞑想の効果、メリットを挙げていきましょう。

・ストレス激減

・心が落ち着く

・集中力が増す

・気づきやアイデアがよく生まれるようになる

・記憶力が高まる

・幸福感に包まれる

・人にやさしくなれる

・悩み、不安、恐怖感がなくなる

・免疫力が高まる

・幸運が訪れやすくなる

・15分の瞑想は2時間のレム睡眠と同等の効果がある

軽く挙げただけでもこれだけのメリットがあります。多くの偉人が瞑想を実践しているというのもうなづけると思います。

瞑想はビジネスで成功したい人やお金を稼ぎたい人、幸せな結婚がしたい人やとにかく思い通りの自由な人生を生きたい人、幸せになりたい人などすべての人が実践すべきなのです。

なぜ瞑想をするとこんなにいいことが起こるのか?

瞑想は心をきれいにするものだといわれています。毎日の生活で心は日に日に汚れていきます。

大人になってからも子供のころのきれいで純粋な心のままで何の疑いもなく人生を過ごすことのできている人はいませんよね。

f:id:muscletrainingmanial:20160629011227j:plain

人の心はあらゆる経験をするほどに汚れることもあれば、悪くなってしまうこともあります。生きているだけで心は汚れていってしまいます。

瞑想はこの汚れてしまった心は浄化してくれる力があるのです。心が豊かになれば幸運を引き寄せることにつながります。

最も簡単な瞑想のやり方

一言に瞑想といってもいろんなやり方があり、自分に合ったやり方を見つける必要があります。初心者のうちは呼吸だけに意識を向けているが、すぐに雑念が頭に浮かんできて気付けば考え事をしてしまっていることはよくあることです。

しかし、これは全く悪いことではありません。自分を責めずに軽い気持ちでやり直せばいいのです。

f:id:muscletrainingmanial:20160629011908j:plain

それでは、最も簡単な瞑想のやり方を伝授していきます。

1.背筋を伸ばしてあぐらをかきます。

2.目を閉じてリラックスします。

3.呼吸だけに意識を向けて何も考えないようにする

4.10秒かけて息を吸います。

5.10秒かけて息を吐きます。

6.3秒息を止めます。

7.繰り返します。

f:id:muscletrainingmanial:20160629012334j:plain

瞑想する環境

瞑想をする環境にも気を使ってくださいね。

適温であること…寒かったり、暑かったりしたら瞑想に集中できません。適温で行いましょう。

楽な服装…窮屈な服装だとこれも瞑想に集中できません。

邪魔が入らないようにしておく…家族には部屋に貼ってこないように伝えて置き、携帯、スマホは電源を切るか別の部屋に置いておきましょう。

瞑想の呼吸法

瞑想の呼吸法は鼻で吸い、口で吐きます。最初は10秒かけて吸ったり、10秒かけて吐くことがしんどいと感じるかもしれません。

その場合は7秒からスタートしても構いません。徐々に秒数を長くしていけばいいのです。

理想の呼吸法

10秒かけて吸い、10秒かけて吐き、3秒止めることができるようになり、瞑想ができるようになってきたら10秒かけて吸い、15秒かけて吐くことを目指します。これができるようになれば今度は10秒かけて吸い、20秒かけて吐くことを目指します。

ここまでできるようになれば体内をめぐるエネルギー感覚がかなり高まっています。このあたりから初心者の域を超えてくるので、後々伝授していきます。まずは瞑想を正しく確実にできるようになりましょう。

瞑想ができているかどうかの確認方法

先ほど伝授した呼吸法をしながら呼吸だけに意識を向け、何も考えないようにすると、雑念が湧く(何かを考えしまう)タイミングと何も考えていないタイミングの両方が出てきます。

何も考えていないタイミングがあるというだけでも瞑想はできているのです。

人によっては瞑想ができた(心の奥底の自分とつながった)ことで自然と涙が出る人もいれば、なんとなく心が楽になった気がする程度の人もいます。

f:id:muscletrainingmanial:20160629014305j:plain

瞑想ができているかどうかの明確な基準はありませんが、瞑想者が共通して言っていることはある日突然できた感じがするのです。

人によっては何か月もかかる場合ありますが、続ければ必ずできます。ただ一つ知っておいてほしいのは瞑想は頑張って起こすものではありません。

楽な気持ちで続けていると、ふと起こるものです。とにかく毎日続けることが大事なので、楽な気持ちでワクワクしながら続けてくださいね。

瞑想初心者にはこの1冊!

 瞑想初心者の方に読んでみてほしいのがこちらの著書です。

比較的新しい本なのですが、僕が瞑想初心者だったころに読んでおきたかったと心底思えた著書です。

初心者にもハードルが低く、とっつきやすい内容でありながら実践的であり、1分間瞑想ということで非常に習慣化しやすいのです。

そして、習慣化さえできれば、深い瞑想状態への入り方もわかってきます。

瞑想時間を長くするのはそれからでも遅くはありません。まずは1分でもいいから毎日瞑想を行うこと。

そうすれば、瞑想状態に入れるようになってきます。

瞑想状態に入れるようになれば、あなたの悩みはどんどんなくなっていきますし、脳に完全なる休息を与えることもできます。

もちろん1分間だけの瞑想でも毎日していれば大きな効果を得ることができますよ。

・1日を気持ちよく過ごすことができる

・寝る前にやることで熟睡できるようになる

・睡眠時間が短くても日中の眠さによるストレスを感じにくくなる

・あらゆる気づきの能力や集中力が高まる

・幸福感に包まれる

・悩み、不安、恐怖感がなくなる

・免疫力が高まる

今まで瞑想をしていなかったことがいかにもったいないことをしていたのだろうと感じることになるでしょう。